土木学会関東支部栃木会 土木学会関東支部栃木会
栃木会の概要 栃木会の活動 お知らせ 栃木県の近代土木遺産 会員のページ リンク
栃木県の近代土木遺産
道谷原取水堰  
 箒川取水堰は、東京電力株式会社の前身である福島電灯株式会社によって、塩原町大字下塩原地内の箒川に、箒川発電所の発電用取水堰として建設されたものである。
 箒川取水堰は、高さ11.10m、長さ59.5m、調節容量62,000m3の重力式コンクリートダムである。東京電力箒川発電所において、最大出力4,600kwの発電を行っている。
 この箒川発電所は、昭和15年(1940)、県北地方の電力供給を目的として、福島電灯株式会社が建設に着手したものである。
Back
Copyright (C) Japan Society of Civil Engineers Kanto/tochigi. All Rights Reserved.