土木学会関東支部栃木会 土木学会関東支部栃木会
栃木会の概要 栃木会の活動 お知らせ 栃木県の近代土木遺産 会員のページ リンク
栃木県の近代土木遺産
木の俣用水取水口  木ノ俣用水は、那珂川の支川木ノ俣川から取水する用水の総称である。明治26年(1893)に開削された新木ノ俣用水に対して、江戸期に開かれた用水を旧木ノ俣用水と称している。
 旧木ノ俣用水は、木ノ俣川から取水し、黒磯各地を潤す重要な用水で、江戸時代半ばに開かれた穴沢用水を起源とする。穴沢用水は宝暦13年(1763)から明和2年(1765)に開削され、一集落を潤す程度の用水であったが、数年後には約10km下流に延長され、重要性を増した。文化年間(1804〜1817)には、幕府代官山口鉄五郎の新田開発に利用され新たな山口堀が開かれた。工事は、穴沢用水の木ノ俣川の取水口を切り広げて水量を増加させ、従来の路線を拡幅するとともに、その総延長を約20kmとする大工事であった。
Back
Copyright (C) Japan Society of Civil Engineers Kanto/tochigi. All Rights Reserved.