豊かな国土
技術で贈ろう 未来の子らへ 土木学会関東支部栃木会
栃木会の概要 栃木会の活動 お知らせ 栃木県の土木遺産 入会案内 リンク
神橋(日光市)
写真:世界遺産 日光の社寺 <神橋> 詳しくはこちらをご覧ください⇒神橋について NIKKO SHINKYO

土木とは
 はじめに、「土木」という言葉は、中国の古典の中にある「築土構木」からきています。土を築いて堤をつくり、木を高く構えて建物・橋をつくるなど人々の生活の基盤を整えることを意味しています。これが「土木」という言葉の起こりです。

 自然災害から国土を守り、自然環境の良い町、便利・安全・安心な国や地域の基盤をつくり、それを守っていくこと、それが土木の仕事です。


新着情報をご覧になるには、AdobeReaderが必要です。
                  

○●○お問い合わせ○●○
E-mail:



新着情報
NEWNew 「平成27年度 研究発表会および
文化講演会」の開催案内を掲載いたし
ました(2016.01)
>> 平成27年度 土木学会選奨土木遺産
『足利市近代水道施設群』を掲載しま
した(2015.11)
>> 「『2015 足利・栃木エクスカーション』
のご案内」を掲載いたしました(2015.9)
   
   
>平成27年度:これまでのお知らせ
>>> 平成27年度活動報告
  
>過去のお知らせ(栃木会の活動)
○栃木会では会員を随時募集しております○
            < 会員数 >
             役員部会員:62名
             団体会員:182団体
             個人会員:10名
               (2015.08現在)






最終更新日 : 2016.1.13 
.
Copyright (C) Japan Society of Civil Engineers Kanto/tochigi. All Rights Reserved.